若々しい肌をキープするために馬プラセンタサプリを活用しましょう

年配

健康効果のある成分

栄養補助食品

サポニンとは、大豆などのマメ科の植物や高麗人参などに多く含まれており、体内のコレステロールを除去したり、血栓の元となる過酸化脂質の生成を抑える作用があります。このためアンチエイジング効果や肥満や動脈硬化の予防、さらには肝機能を高めるといった様々な健康効果が期待されています。特に大豆サポニンや椿サポニンは抗菌作用・殺菌作用・去痰作用・抗炎症作用が高いとされています。大豆サポニンは体内で女性ホルモンに変換しやすいため、女性らしい体つきになると考えられています。椿サポニンは肌に塗ればニキビの炎症を抑制し、肌を若々しく保つ効果があります。このように、女性にとって嬉しい効果が多いため、サポニンは人気の成分となっています。

サポニンを食品で摂るとなると摂りやすいのは大豆サポニンになります。大豆製品では高野豆腐が一番含有率が高く、大豆、生揚げ、かんもどき、油揚げ、おから、豆乳、ゆば、納豆なども高いと言えます。大豆で摂取すると、イソフラボンも一緒に摂れるため美容のためには大豆製品から摂る方が良いかもしれません。他には、お茶にもサポニンは含まれます。どんなお茶にも含まれますので、自分の好きなお茶でリラックスしながら摂ることができます。さらに、お茶自体のカロリーがほぼゼロであるので、コレステロールが気になる方やダイエット目的の方は、お茶から摂取する方法が効果的です。食品から摂取するのが難しいという方は、サポニンのサプリメントが販売されているためそれを活用する方法もあります。